賃貸一戸建てを借りて快適なEVERYDAY~メリットがいっぱい~

不動産

口座を利用する

自動引き落としで家賃支払い

住宅

賃貸物件を借りる時には、家賃を支払います。賃貸契約でその家賃ですが、前払いが基本となっています。つまり4月分の家賃は4月に支払うのではなく、その前月である3月の月末まで家賃を支払うことが賃貸契約で定められています。その支払いですが、銀行振り込みで毎月支払います。しかし、毎月銀行振り込みでとなると面倒です。それも月末となると銀行のATMはいつも混み合っていますので、ATMの前に行列ができます。それを考えると面倒ですが、賃貸物件によっては最初から自動引き落としを指定する業者もあります。自動で引き落とししてくれるなら毎月面倒な振込はなくなるので便利です。自動引き落としを賃貸契約のときに専用用紙を書かせる業者もありますが、大抵は自分で銀行へ行って自動引き落としの手続きをします。

自動引き落としで家賃支払いの注意点

自動引き落としは、銀行口座から引き落としをしてもらえますので便利です。対応していないのであれば、自分で自動振り込みの手続きをします。銀行の登録印と通帳があれば自動振替依頼書を記入すればできます。注意しなければならないのは、毎月同じ日に引き落としまたは自動振り込みされますので、その日には必ず口座に残高がなければならないです。残高が不足していることに気づいて、朝イチで銀行に預金しにいっても引き落としのタイミングに間に合わなければ、残高不足で家賃未納という扱いになります。ある程度残高に余裕がある方であれば問題ないのですが、とくに技巧口座の残高がギリギリで生活している人は、自動引き落としに注意が必要です。